プロフィール

あすと/まるてあ

Author:あすと/まるてあ
日々、だらだらと暮らすネトゲメインのBLOG。

今やってるネトゲはMoE

著作権等のお約束

このBlogはリンクフリーとします。 相互リンク歓迎ですよ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の日。

日々過しやすくなりますねぇ。まだまだ紫外線は強いけどさ。

ってことで土曜日は映画の日だったので、映画を見てきた。「ベクシル」と「トランスフォーマー」の2本を見た。特に見たい物もなかったので、アニメと特撮を見たわけです。アニメと特撮には思い入れがあるので、タイミングが合えば見ることにしている。

日曜日は家事とGAMEに充てた。相変わらずガディウスをやってしまう。3D系は没個性すぎてイマイチ続かない。金太郎飴のようですね。




 んで「ベクシル」言いたい事や見せたいことは解るんだけど、キャラクターの気持ち悪さがぬぐいきれません。メカニカルな部分以外に違和感が有り過ぎて入り込めないよ。2時間しか無いんで見せたい部分をもっと絞り込むべきだ。全体に散漫になった感じがする。そして・・・ジャギは・・・その映像は「デューン砂の惑星」のサンドワームを激しく連想してしまった。意識してやったのか?前半部の出来は及第点だと思うのだけれど、中盤当たりから見るも無残な映像だった。う?ん。半額でよかったって感じです。

 「トランスフォーマー」ドリームワークスやるわね。いい仕事してます。オリジナルを超えてる。まさにCool!。ストーリーに語る部分はないし、主張は1点だけ。「犠牲なくして、勝利なし」簡潔である。あとはそれをスポンサーに配慮した、見せたい映像を2時間掛けて繋いで行くというそつない編集。やっぱり解りやすいってのは大事だ。


 派手な映像だと観客はそれに気を取られるので、難しいテーマや、主題を感じ取るのは苦痛だと思う。この2作品を続けて見て改めて実感したよ。小難しいこと言いたかったらもっと尺の長いメディアや形態でやるべきだ。映画は純粋にエンターテイメントであれと思う。「ベクシル」には爽快感もカタルシスもなかった。「トランスフォーマー」には驚きト・・・プロパガンダがあった。まぁアメリカ映画には必ずあるけどさ。
スポンサーサイト

home


Comment

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。